アゼルバイジャン」カテゴリーアーカイブ

イラン入国

イラン入国(2014年6月19日)

前日しっかり休んだので元気回復。でも朝はしっかり白米を炊いてしまったりして結局10時のスタートになってしまった。 アゼルバイジャン最終日。道は相変わらず悪く、相変わらず「お~い、こっちにこ~い」と声をかけられ続けた。 この日は今までとは違い、向かい風もそれほど強くはなく、意外とあっさり国境の町Astara(アスタラ)に到着した。

DCIM105GOPRO
(国境のゲートは海岸沿いにあり、ちょっとわかりにくい。)

早速、ゲートを越えようとすると、警察官が現れ、「今はランチタイムだから2時半にくるように」と一言。 しかたなく手持ちのマナトを使い切るため、マーケットでジュースとヨーグルト、ハムを買って昼食。 時間になったので、国境に向かう。アゼルバイジャン側のイミグレーションは、いつもどおりの手続き。彩が痩せたせいで、パスポートの写真とよく見比べられたりしたくらいだった。

問題はイラン側。 まず国境の橋を渡って最初の警備員詰め所で、制止を受ける。イミグレーションでもなんでもないのに、パスポートの番号を控えられ、父親の名前を聞かれたり、と、よくわからない。

続いてようやくイミグレーション、パスポートコントロールに入る。すると、カウンターのおばちゃんが何やら手招きをしている。パスポートを先に渡せとのこと。渡してしばらくすると、今度は警察官が現れ、こっちにこいと言う。後についていく、と「ポリス!」と大書きしてある部屋に通される。う~ん、よくわからん。

DCIM105GOPRO
(イミグレオフィス。ブレちゃいました。)

警部だかよくわからない上司らしき人がデスクに座ってファイルに次々目を通しているけど、僕らは「シットダウン、プリーズ」と言われたまま…。 しばらく経って、ようやく僕達の手続きをしてくれるようだ。何やらゴソゴソとアタッシュケースをいじっている。 中から出てきたのは、じゃ~ん。スタンプ台。どこかでみたことがある道具。そうトルコのトラブゾン、イラン大使館でビザを申請するときも全く同じパターンでした。指紋採取。

スタンプ台が出てきた瞬間、「あー指紋か」と潔く両手を差し出す。「おーよくわかっているな!」と両手の指紋をバッチリ取られた。いや、そもそも両手の指紋はトラブゾンのイラン大使館で取られているわけで、指紋照合でもやるつもりなのか?外国人が通るたびに指紋をとっていたら大変だろうに…。ちなみに彩の指紋は女性警察官をわざわざ呼んで採っていた。どうも男性警察官は女性に触れてはいけないようだ。さすがイスラムの国。

まぁ結局のところ、警察官のおじさんはとてもいい人で、ワールドカップの話題(イランも出場している)で盛り上がった。ご丁寧にも日本とコートジボワール戦のスコアを教えてくれたり。一度イラン人とワールドカップ観戦してみたいなぁ。 最後に「Welcome our country」と笑顔で言ってくれた。いい言葉だね。いままでそんな言葉入国時に言われたことがなかった。

ようやくパスポートに入国スタンプが押され、イラン入国。 事務所を出るなり、両替商に囲まれてしまった。 とりあえず100ドルだけ両替しておくかな。と100ドルを2,505,000リアルに交換した。ちょっとレートが悪いかもしれない。 今日は少し先に進んで、野宿でもしようかと思っていたのだけど、彩の服(マントーと呼ばれるイスラム女性が来ている服。体のラインを隠すためのもの)を買ったりしているうちに結局17時になってしまった。17時から走り出すのはちょっと厳しいので、この町に泊まることにして一日は終了。



彩の服を買う時も、「君たちは私たちの国のお客さんだからお金はいらない」などとびっくりするようなことを言われたり(結局ちょっとだけお金は払った。)宿を探すときも、ちょっと迷っているとすぐイラン人のおじさんが寄ってきてくれて英語で場所を教えてくれたり、さらに最初に行ったホテルも、「20ドルくらいで泊まりたいのだけど」というと、「うちは無理だが、近くに安いホテルがある。そこにしなさい。行き方を教えてあげよう」などと、自分の利益にならないことなのに、親身になって教えてくれたりした。

うぉ~イラン。この国はいったい…。


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

不思議な国

アゼルバイジャン走行記(2014年6月14日~18日)

アゼルバイジャン人
今までの国民とは全く違うと感じたアゼルバイジャン人。

自転車を止めて少し大きめな商店に入ると、店員らしき男性が私についてまわってくる。ちょうどいいやと思い、「ペーパーはある?」とか聞いてみる…そしてレジに並ぶと、彼とおばちゃん、レジの男性、客が集まってきて、「自転車で来たの?どこへ向かうの?」「外にいるのは旦那か?」みたいなことを全員が金歯(大抵の大人は金歯)を見せながら聞いてくるのだ。あ〜ちょっと時間かかっちゃったなと思いながら、自転車の元に戻ると、ゆうと自転車は10人くらいの男性に囲まれていた!彼らは自転車やGPSに興味津々でさわったり、ゆうに質問している様子。ゆう「遅いよ!」私「いやいや、こっちも大変だったんだから」。町中で自転車を止めるといつもこんな目にあってしまうのだ。

IMG_0348 IMG_0318
IMG_0371
(町の至る所に大統領の写真が…)

大きな町に入ると、私たちが見える限りの全員が私たちの方をじっと見ている。道を聞こうものなら、話しかけた以外の人まで集まってくる。本当におもしろいほど集まってくる。彼らの仕事は何?何をやっているところなの?と聞きたくなってしまう。

すれ違う車はよく私たちの隣でスピードを落とし、車内の人の全員の視線がこっちに向いていたり、助手席の人が身を乗り出して私たちを振り返ってじっと見ていたり、時には何かを大声で叫んだり…結構疲れます。。

彼らは全くと言っていいほど英語ができない。8日間滞在して、まともに英会話した人は2人しかいなかった。その代わり、ほとんどがロシア語を話せるよう。「アゼルバイジャン語もロシア語もわからないんだ」というロシア語をなんとか覚えて彼らに伝えるも、お構いなしにどんどん何かしゃべってくる…ゆうと私は日に日にアゼルバイジャン人の執拗さに疲れてきて、「話したいなら英語を学んでこい!」なんて思ったり。でも、彼らは母国語、ロシア語の他トルコ語も理解する人が多い。ということは、日本人より圧倒的にマルチリンガルなんじゃ?けしてバカにはできない…

そんな反面、最近の教育では英語に力を入れているらしいことも垣間見えた。たまに自転車を乗り回して遊んでいる中学入り立てくらいの男の子たちが「ヘンロー、ヘンロー(hello)!」と叫びながら追いかけてくる。そして「Where are you from ?」「What ‘s your name ?」などと質問してくる。基本的な英語だけだけれど、彼らとの方が会話が成立する気がする。それに私たちを見るや「キタイ?」(中国人?)と投げかけてくる大人(嘲笑う人もいれば、そういう意味合いでなはなく言う人もいるが)より、よっぽど男の子たちの方が良識を持っているのでは??

DCIM105GOPRO IMG_0336

そんなアゼルバイジャン人の中にも親切な人々もいる。基本はイスラムの信者でトルコ人の顔をしている。チャイ文化があり、「チャイ、チャイ(を飲まないか)!」と道脇から叫んくるのもトルコとそっくり。

暑い中、自転車で走っていると、ハンドルにくっつけているドリンクボトルの中の水はぬるま湯になってしまうので、町に入って商店があると冷たい飲み物を買って飲んでいた。ある時、なかなか商店がなくて冷たいものがそろそろ飲みたいのにと思っていた矢先、車が私たちの脇で停車して、窓からひゅっとオレンジファンタを差し出してくれた。これは本当にありがたい。そんなことが2、3回あった。

それから一度、商店で水を1本買おうとしたらお金は受け取らなくて「どうぞ」というそぶりをしてくれた。商店ではまけてくれたり、おまけで追加をくれたりすることはあっても、ものをくれたのはどんな小さな買い物でも今のところこの一度だけ。

アゼルバイジャンの夜
アゼルバイジャン7泊8日間のうち、野営が5日間。私たちは宿があれば泊まってしまうほうなので、これは珍しいほう。というのも宿が圧倒的に少ないからなのだけど。

野営ポイントは道路に近いけれど、茂みで見つかりにくいところ、脇道に入って放牧地のようなところなど。それにしても、どこも暗くなりはじめると蚊が多くて大変!虫除けを塗ったり、蚊取り線香を焚いたものの、たくさん刺されてしまった…しかも、この辺りの蚊に刺された時は、思わず「イタッ!」と口に出てしまうほど肌に痛みを感じるのだった。

DCIM105GOPRO
IMG_0401 IMG_0427
(上:お昼は日陰を求めて。たまたま道脇に絶好のスペースがあり洗濯物も干したり。
右下:この中にテントを張りました。)

走行4日目は一番辛い日だった。しばらく走ると、道がだんだん悪くなり未舗装と舗装を繰り返し、しまいには50km近くは完璧な未舗装になってしまった…ぐんとスピードは落ちてしまう。それにだんだんと向かい風が強くなり、運転マナーも東に行くにつれて悪くなっていく気がした。それでも今晩は切りよく町についたので、宿に泊まれるかなと現地の人に「安いホテルは?」と聞いてみた。しかし、1つは人がいないし、他も場所がわからなくて結局町の外れの廃屋でテントを張ることに。アゼルバイジャンは宿が少なく、あっても高いので、私たちのような旅人には向かない国なのかも。

次の日はカスピ海沿いに出て、Lankaranを目的地とした。Dalga Restaurant & Hotel : ツインで30マナト(3,500円) と相変わらず高めどけれど、5日間走り続けたのでいいかと投宿。そして併設されているレストランではじめてアゼルバイジャン料理を食べてみた。といってもほとんどトルコ料理のようなものだけれど。ビールとワインも飲んだ。なにせイランに入ったらアルコールは摂取できないから。それから、このレストランの店員からW杯の日本の初戦が黒星であったことを教えてもらった。

unnamedDSC08787 DSC08786
ゆうの希望もあって、ここでもう一泊して洗濯や連続走行の疲れをとることにした。部屋を出てすぐの中庭に東屋のようなのが並んでいたので、そこで自炊してご飯を食べたり。宿はキレイとはいえないけれど、部屋内にシャワー・トイレがあって広々としているのでそこそこ。でもここでもやっぱり蚊は多かった。


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

アゼルバイジャン走り始め

オンボロホテル(2014年6月13日)
気を取り直してアゼルバイジャン走行開始!ビザ有効期限の10日間で600kmちょっとを走り抜けなくてはならない。まぁそんなに切羽詰まる距離ではないけれど。

アゼルバイジャンはグルジアよりも犬が狂暴な気がして、道の途中で武器として石を拾っていたら、近所の家から出てきたおじさんがスモモのような果物を4つほどくれた。そして「こっちに来い」と手招きされたので何だろうと思いながらもついて行ってみる。すると、赤いチェリーがたくさんなっている木を指差して「好きなだけとりなさい」ということだったので、ほんの少しさくらんぼ狩りをしてみた。でもあとで食べたら、酸っぱい酸っぱい…

この日は平坦な道のり、しかも追い風。時速21~22kmあたりでこげるので、スピードメーターの走行距離もみるみる伸びていく。もうこんなに走っちゃったよ、と何だか楽しかった。

IMG_0308 IMG_0356
(左:さくらんぼ狩り。右:広大なひまわり畑の脇に羊の群れ)

そしてこの日泊まったのは、Ganja のCapaz Hotel。ロンプラで最安の宿を調べて、それに町中の人に「安い宿を知らないか?」と聞いた上で選んだ宿。ツインルーム50ドル…高いくせにオンボロな建物…今日の走行距離はこの旅の最高記録の150km。それに辺りはまだ明るいけれど20:00になろうとしていた。さすがに疲れたよ。町の外れに出てキャンプをする体力も残っていなくて仕方なく。れにしても全く値段にそぐわない部屋だった…別にシャワーのヘッドがないこと、トイレは便座が取れて立てかけてありタンクも壊れてて自分でタンクに水を入れなきゃいけないことなどに驚きはしないけれど、この値段で??もちろんWi-Fiもない。…それでも、昨日の寝不足は解消できたかな。

IMG_0370 IMG_0368
(右:お湯が欲しいとお願いしたらこんなので沸かしていた。すごい時間がかかる…)


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

この旅最大のハプニング?

どうしよう!?(2014年6月12日)
今日はアゼルバイジャン入国を目指して走り出す。今まで何度かビザ取得をしてきたけれど、それらを使って入国するのはアゼルバイジャンが初めて。

走りはじめて5分足らずでスイス人夫婦のサイクリストに会ったけれど、「アルメニアへ行くんだ」と言うことで間もなく分岐点で別れた。やはりこの時期サイクリストは多いよう。

アゼルバイジャンまでの約60kmは大方追い風で走りやすかったけれど、肝心の登りでは方向が逆になってしまい、風に抵抗して走るのはしんどかった。そこでは何もない空なのにびゅうびゅうと音がして、あの恐ろしかったパタゴニアの風を思い出してしまう程だった。

IMG_0288
(土地もパタゴニアのパンパに似ている)

グルジア出国、アゼルバイジャン入国の手続きも無事終了。イミグレを出てすぐのところにあった両替所で、残ったグルジアラリと米ドルを両替。

IMG_0298 IMG_0300
(左:グルジアイミグレ。右:両替している間に私の自転車に乗られてしまった…)

再び走り出すと、路面状態も良く運転も落ち着いていて良いと感じた。国境という一線を越えるだけで、本当に違う「国」に入ったとわかる。しかし…間もなくこの旅最大のハプニングが!!ゆうが急停止して叫んだ。

「パソコンがない!!」

「え!?なんで??」 盗まれるような隙があったっけ!?いつもパソコンの管理には一段と気を使っているゆうも十数秒間なぜないのかわからなかった。

「宿に置いてきた。」

どうやら、トビリシの宿で出発直前に一度バッグにしまったパソコンをプリントアウトしたいものがあるため取り出し、ロビーでひと作業してメモリと紙は持ったもののパソコンを机に置きっぱなしにしたようだ…

この旅で私たちの1番の貴重品とも言える持ち物。私から言いたいこともあったが本人も相当ショックを受けているので、ではどうするかを話した。とりあえずパソコンの所在確認のため、ホテルに電話してみることに。次の町まで進み、ガソリンスタンドや何かの施設で電話をかりてかけてみたけれど、国際電話がかけられないのかどこも繋がらなかった。人々も「ここから10kmでグルジアだぞ」と言う。

どうしよう…ホテルにあるのなら取り返したい、、ビザ不要のグルジアに戻ることは簡単にできるのは幸い。しかし、アゼルバイジャンに再入国するためにまたビザは取れるのか…方向を変えてアルメニアに入るか…もともとアゼルバイジャンを選んだのは、とにかく先へと急いでいたため最短ルートで次の国を目指せるから。それに、あまり自走をしてこなかった私たちだけれど、このルートなら全て走り抜けられそうだったから。その他にも様々な思考が頭の中を巡った。

あのパソコンはお金ではない価値もあるので、私たちはグルジアに戻ることを決め、10km逆走することに。国境に着くともう一度電話が借りれないかと、人々に声を掛けると私たちが利用した両替所を案内された。

そこのおじさんは携帯電話を貸してくれて、ホテルに電話が繋がった!やっぱりパソコンはロビーにあるとのこと。一旦電話は切ったけれど、二人とも考えたことは同じだった。「多少のお金を払ってパソコンをここまで持って来てもらえないか。たしかグルジア人はビザは不要のはず…」と言うことで再度電話し、何度かやり取りをし、持って来てもらえることになった!!ホテルの人は皆英語を話せる人だったので、その点も幸いだった。

1時間半くらい近くのカフェで待つと、おじさんの電話に向こうから「来たぞ」と連絡が入った。しかし、うまく英語で意思疎通ができていなかったらしく、彼はグルジア側で待っていた。

「パスポートなんて持ってない」…彼はタクシーで来ているらしく、「追加を払ってくれればパスポートを持ってまた来る」と。こちらは弱い立場なのでそれに従うしかない。

今度は2時間近く待つと、また電話がかかってゆうは国境へ向かった。時間が少し経つと私も心配になって、国境が見えるところに行くと…

ゆうが両手を挙げてパソコンを掲げているのが見えた!!良かった〜!!!何とか再び手にすることができた!!これで予定通り走ることもできる。

電話を何度も貸してくれたおじさんにも感謝。お礼を払おうとしても、手を振っていらないと仕草してくれた。

結局○○○ドルも払ってしまったけれど、アゼルバイジャンビザは日本人は無料で欧米諸国人のビザ代よりは低いから、ビザ代と考え、良しとしよう。

何だかんだで21時を過ぎ、あたりは真っ暗。二人ともすっかり疲れ切ってしまった。この辺りの建設中?らしいレストランの裏にテントをたて、やっと長い一日を終えた。


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ