月別アーカイブ: 2014年5月

みどりの丘

2014年4月25日 アヌシーへ
出発前にお母さんがたくさんクロワッサンを買ってきて、「持って行きなさい」と渡してくれた。最後まで至れり尽くせり。

今日はヴィルフランシェの駅から電車で次の目的地、Annecy アヌシーまで電車で行ってしまうことに。駅までフローレンスが私たちの前を自転車で誘導してくれた。途中、トムの職場にも立ち寄り、最後の挨拶。フローレンスは電車に乗るところまで手伝ってくれた。これだけたくさんお世話になったトムファミリーを離れるのは寂しかったね。

DSC08046 DSC08045

夕方にはアヌシーに到着。今度は、アウストラル街道の入り口のチャイテンの宿とウシュアイアまでの2日間を共に過ごしたジェレミー宅にお世話になる。

IMG_8607
ジェレミーはアヌシー駅に車で迎えに来てくれ、私たちと私たちの自転車を2往復して家へ送迎してくれた。家までの道中、もしかして…という予感はしていたけれど、それはもう立派なお宅だったのだ。
 
2014年4月26日〜28日 アヌシーでの日々
ジェレミー宅
ジェレミーは「僕のではなく父親の家だけど」と笑って家の中を案内してくれた。今はご両親は6週間のバカンス中のためご不在。弟さん、妹さんも私たちを歓迎してくれた。

1階には立派な暖炉、マッサージチェアー、シャワー室など。冷蔵庫は3台。
2階にはホテルのスイートルームようなバスルームが!ジャグジーつきのバスタブがあるのは驚き。ジェレミーは一回もジャグジーは使ったことがないと言っていた。私達にベッドも用意してくれていた。
そして地下にはワイナリーも。見せてくれる前にジェレミーが「1000本くらいあるかも」と言うので、私たちは「え〜!」なんて言ってたけれど、実際見てみると本当にそれくらいありそうだった。

あとなんと言っても窓のどこからでも癒しの風景が眺められるのがステキ。ヴィルフランシェに引き続き、こんな理想のようなフランス邸宅に滞在できることをとても幸せに感じた。

IMG_8626 IMG_8634
IMG_8640-001


アヌシー市街地
私たちの滞在場所からアヌシー中心地は12、3km離れている。ジェレミーは私たちを車に乗せて、市街地周辺を案内してくれた。旧市街は中世らしい入り組んだ街並み。こういうところは歩いているだけでも楽しい。ちょうど市場も開かれていて、骨董品やアルプス地方らしくカウベルも並んでいた。

IMG_8651 IMG_8674 IMG_8669 IMG_8692

アヌシー湖
ヨーロッパ一の透明度と言われる湖。確かに下まで透き通って見えていた。ボートなどももたくさん。周辺には緑いっぱいの大きな公園があって気持ちいい。
ジェレミーが上からの景色も良いから、と車で登ってくれた。道中の家々はどれもジェレミーの家のように立派で驚き。あんな家に住めたらなぁと私は家を眺めているのが好きだったり。上から眺めたアヌシー湖周辺は、雲が多かったけれど陽が差し込むと緑や湖の青が映えて美しかった。

IMG_8726 IMG_8730 IMG_8750 IMG_8742



ジェレミーの家から数十分歩いた所からの景色。緑いっぱいでとても気持ちがいい。いい季節に来ることができて本当に良かった。

DSC08058

ここに住むジェレミー兄弟は3人共ランニングを毎日のようにしていた。私たちは日中のほとんどを家の中でブログや動画編集、今後のルートやビザについてパソコンやタブレットを使って作業をしていた。そんな様子の私たちを見て、「天気がいいんだ、外に出なきゃ」と何回も言われてしまった。もっともである。私たちと育った環境がまるで違うんだなと思った瞬間。

※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

再びヴィルフランシェで

2014年4月23日 みんなで折り紙
今日は朝から、フローレンスのお兄さんの子供、2歳と3歳の女の子が面倒を見てもらいに来ていた。
お昼ご飯はみんなで2階のテラスで。食後、「そうだ、折り紙を出してみようか」ということで、まず私が鶴を折ってみる。
できた折り鶴で妹ちゃんは楽しそうに遊び、お姉ちゃんは折る方に興味を持ちゆうが教えてあげる。そしてお母さんにも私が教えてあげる。お母さんもカメラを持って来て、お姉ちゃんが完成したところをパチリ。お姉ちゃんも、なんだかゆうもとても楽しそう。

IMG_8517 IMG_8528 IMG_8550 IMG_8556

午後はこの先アウトドア用品が手軽に手に入りにくくなるかもということで、アウトドアショップへ買い物。レーサーパンツや靴下を購入。

夕飯の後、フローレンスとお母さんが鶴の降り方の動画を撮りたいと言うので、私の折り紙をする様子を撮ってもらった。撮り終わると、お母さんもフローレンスも鶴を何度も何度も折ってマスターしたようだった。お母さんは折り紙付きの教本を持っていたので、それを見ながら私たちも鶴意外のものを折ってみたり。小学生くらいの時はよく折っていたのにすっかり忘れてしまっていた。お母さんもフローレンスも日本の文化に興味を持ってくれていてうれしいばかり。

IMG_8571IMG_8601
(翌朝、今晩みんなで折ったものが棚に並べてあった)


2014年4月24日  とろけるディナー
今日の仕事は日本へ郵便を送ること。今回は今まで使用していたマットとお土産を送る。
郵便局に行ってみて、マットが梱包できるサイズの段ボールがなかったので、ホームセンターから不要の段ボールをもらって来て工作。重さは予想をうわまわって、3kgほど。郵送代は60ユーロ!う〜ん、高い!受付のおじさんまで「高いね!」なんて言っていた。
ディナーは私たちに毎回郷土料理をごちそうしてくれる。最終日の今夜は、私たちは初めて知ったラクレットというチーズ料理。チーズを専用のオーブンで温め、トロトロになったらじゃがいもやハムにかけて食べる。シンプルなものだけれど、チーズと他の素材がマッチしてとてもおいしかった。

IMG_8593 IMG_8595

それから毎回食後にはお皿を一通り片付けてデザートを出してくれるのだった。ここはとってもあたたかい家庭で、毎日私たちを幸せな気分にさせてくれた。言葉はけして完璧に通じなくてもそう感じることができた。トムファミリー、大変お世話になりました!Merci beaucoup!ぜひ日本に来てください!

IMG_8599 DSC08033
IMG_8606
(右上:私達に用意してくれた部屋にはクッキーやお水、お花も置いてくていた)

※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

ジークフリート線を越えて、たこ焼き

2014年4月17日~22日 ザールブリュッケン滞在
17日の夜からドイツのザールブリュッケンに向かった。
この町で大学時代の友人が指揮の勉強をしているので、ちょっと足を伸ばしてみたのだ。

ヴィルフランシェからは、一度リヨンに出た後、TGVを使ってストラスブールまで移動。その後ローカル線とバスを乗り継いでザールブリュッケンまで向かう。
TGVは時速500㎞オーバーの世界記録を持っているので、どれだけ速いのだろうと期待していたのだけど、専用線区間でないと速度は出せないので、日本の在来線特急のような感じだった。乗り心地や揺れも日本の新幹線とあまり変わらない。(=つまり快適でした笑)

DSC07715

6時間後、ようやくザールブリュッケンに到着。友人と久々の再会。
ドイツに来たのでせっかくならビールとソーセージが食べたいとわがままを言わせてもらって、近くのバーに連れて行ってもらった。ザールブリュッケンに留学している他の音楽仲間も集めてもらって、初日から大人数でワイワイとビールを飲む。各町や店ごとに地ビールがあったり、さすがドイツといった感じ。ビールはどれも美味しくて、おつまみもカレー風味のソーセージが美味しかった。

DSC07732 DSC07731

翌日は、彼が指揮する聖歌隊の演奏を聞きに、電車で2時間ほどあるオーガスハイムの町まで行ってきた。由緒ある教会で、響きも豊か。その聖歌隊の代表(オーガスハイムの元首長)さんが僕のことを見て「彼はメキシコ人じゃないのか?」と質問してきたのには笑ってしまった。
・・・外人説が未だに燻っています(笑)

 DSC07754 DSC07766DSC07749
(左下:「彼はメキシコ人じゃないのか?」と言った市長候補のハインツさん)

戻って翌日は、ザールブリュッケンにお住まいの写真家・山本さんに、近くにある第二次大戦の遺構を案内していただいた。二次大戦時、フランスとドイツの国境があったこの場所には、数多くの遺構がある。
現実の遺構を目の前にすると、過去と現在が繋がっていることを実感する。
今は平和なフランスとドイツだけど、歴史に翻弄されてきた複雑な事情が見え隠れする遺構群。
特に第二次大戦の戦史に興味がある僕にとってはとても有意義な体験だった。

DSC07800 DSC07808 DSC07809
(左上:マックで作戦会議。左下:一方通行の看板の中にある棒を持ち去ろうとする人(シールがあるらしい))

その夜は、なんとたこ焼きパーティ。お菓子を焼くための道具を転用し、たこ焼きを焼く友人。
久々に日本酒も頂いてしまってもう大満足。やっぱり日本酒はおいしい!
貴重な日本酒、本当にありがとうございました!

DSC07882 DSC07884 DSC07893

すぐ近くにある独立国ルクセンブルグにも足を伸ばす。
日曜日だったため、お店が閉まっていたのが残念なのだけど、世界で最も裕福な国を垣間見ることができて満足。おいしいラーメン屋があるらしいのだけど、この日は足を伸ばせず…残念。

DSC07952 DSC07966 DSC07979

最終日にもおいしいベルギービールのお店に連れて行ってもらって、しこたま飲んでしまった…。

旧交を温め、新しい出会いもあり、音楽にも触れて、土地の食事(特にビールだけど笑)を楽しめたドイツ滞在。「ザールブリュッケンだけの滞在ではドイツに来たことにならない!」なんて言われてしまったけど、大満足の滞在でした笑

DSC07901 DSC07929 DSC07873
(左上:愛犬リッキーとファビアン 右上:劇場でオペラを鑑賞。この劇場、例のヒゲチョビさんが建てたらしいです。左下:ザールブリュッケンのメインストリート。)

※ドイツでお世話になった方々
ドイツ滞在中ずーーっとお世話になってしまったピアニスト・ルミさんと日本語ペラペラのファビアン
ドイツ現代史について詳しく、ユーモアあふれる語り口の写真家の英人さんと歌手のりこ夫人
いつも場を盛り上げてくれたムードメーカー、オルガニスト・えりさんとファゴット奏者のさゆりさん
そして、5日間も時間を割いてくれた大学時代の友人、やなぎ
本当にありがとうございました!


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

フランスでのんびりと

2014年4月14日~16日 Villefrancheでの日々
17日にドイツにいく用事があり、それまでの間Villefrancheのトム宅に泊めてもらうことにした。
一度リヨンに行ってアウトドア用品を買ったり、散歩したりしたけど、基本的にはのんびりさせてもらった。

毎日のようにおいしいフランス料理を作ってくれる。

DSC07710-001 IMG_8480
(キッシュやクレープ、そしてもちろんボジョレーのワイン)

申し訳ないので、一度僕達も手巻き寿司を作ってごちそうした。
事前にスーパーに行って、日本食材が売っているか確認。あいかわらず「SUSHI」ブームのようで、SUSHI RICEだとかいろいろ売っていた。

手巻き寿司は簡単だし、食卓に並べた時に見栄えもいいからおすすめだ。

IMG_8499-001
(余っていた味噌を使って鍋を作ってみたのだけど、ちょっと味噌が足りず、よくわからないものになってしまった。。)

リヨンには電車で向かった。
フランスの電車代は高くて、ものの30分位の乗車時間なのに、正規料金だと片道7ユーロもしてしまう。日本だったら30分乗っても3~400円くらいだろうから、3倍もしてしまう。もっとも往復券だとか周遊券だとかの特別切符はかなり安いらしい。(今回はわからなくて使用できず。)

DSC07673

最近、キャンプの際に腰が痛くて、新しいエアマットが欲しかった僕は、ちょっと高いけど良い物が売っているという、AU VIEUX CAMPEURという店を教えてもらって行ってみることにした。

DSC07660-001
(リヨンのアウトドア専門店。豊富な品ぞろえで何でも揃う。)

この店、それぞれの専門分野にわかれて店舗を出していて、とにかく品揃えが豊富。日本の神保町界隈のアウトドアショップの比ではない。とにかく専門性が高くて、びっくりしてしまった。

DSC07648 DSC07654-001 DSC07655 DSC07656 DSC07661-001
(中段左:衛星携帯電話までも売っている。日本でアウトドアショップで衛星携帯電話が売っている店はおそらく無い。そこまで必要とされない、なんてこともあるけど、トータルで冒険に必要なものをここまで扱っているという信頼感がとても高いショップだった。)
下段:世界各国のマップ、ハイキングマップ、ツーリングマップ、ガイドブックなどもずら~~っと網羅。)

お目当てのマットを購入した後、お昼にラーメン屋に入ってみることにした。
海外を旅してなぜラーメン、なんてよく聞かれるけど、なんだかんだで結局日本食が大好きだし、自転車で走っている時はまず日本食なんて食べないので、都市に滞在するときこそ、日本食レストランに向かってしまう。

こちらのラーメン屋さん。日本で修行したというNIIKOさんが経営している。リヨンに40年以上住んでいるという日本人の方で、今までにも寿司屋などを経営して大成功したとのこと。ちょっとあきてしまったので今はラーメン屋をやっているとおっしゃっていた。ついつい長話をしてしまったけど、リヨンに橋本龍太郎が来た時に弁当を出したとか、いろいろ興味深い話を聞かせてもらって楽しかった。

Goramenのウェブサイトはこちら http://www.goramen.fr/index.php

DSC07690-001DSC07685
DSC07686







※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

川沿いをゆっくりと

2014年4月11日 やっぱり野宿は不安
昨晩、野宿中、若者に見つかってしまったため、緊張しながら眠りについたのだけど、明けてみれば何事もなくてホッとした。都市圏での野宿はとにかく人に見つかることがなによりも怖い。

IMG_8384-001
(野宿場所。道路に割りと近いのでちょっと不安でした。)

さて、今日も北上しリヨンを目指す。昨日と同じローヌ川沿いを時にはサイクリングロードを、時には国道を通って北上していく。景色はさほど変わらず、町並みも特別きれいではない。
だけど、とにかくのどかで、平穏で、ゆったりとした時間が流れるこの地方がなぜか心地良い。

IMG_8386 IMG_8426
(右:バゲットとワインサラダの昼食。とても安いのだけど、この風景の中食べれば最高のランチ)

昨日以上にローヌ川沿いのサイクリングロードが心地よい。どこまでも走っていられるようなそんな道だ。

昨日の野宿で、「もう野宿はしばらくいいや」と思った僕たちは、ちゃんとしたキャンプ場に泊まることにする。中規模の町、ヴァランスの手前にあるキャンプ上にチェックイン。
キャンプ場はがらがらでほとんどのスペースが空いている。二人と自転車を含めて11ユーロ。電源を使わせてもらったから、それを除けばもっと安いかもしれない。
シャワーも快適だったし、無理に野宿する必要はないかな?

IMG_3879


2014年4月12日 ローヌ川沿い最後のサイクリング
朝ごはんをしっかり食べていたら、出発時間が大幅に遅くなってしまった。
今日も変わらずローヌ川沿いを北上する。
ただ、この先、南米で知り合ったトム&フローレンス夫妻の自宅に泊めてもらう関係で、明日は電車で移動することにして、今日は走れる限り走ることにした。

IMG_8441
(ぶどう畑の中を走る)

夕方、お目当てのキャンプ場に到着。ちかくのスーパーで買い物を済ませた。
フランスに入ってからは、特にスーパーでの買い物が楽しい。食材も新鮮でよりどりみどり。
彩がフランスに移住したいと言っていた気持ちがよくわかる。

DSC07619-001
(広い区画にポツリとテント・・・)

フランスのキャンプ場はすべて政府によって格付けされている。といっても悪い意味ではなく、「こういう設備が整ってますよ」というレベルのゆるやかな格付け。その証拠にこの日泊まった宿は、昨日よりランクの一つ上三ツ星キャンプ場だったにもかかわらず、値段は3ユーロほど安かった。
多くの区画に毎度おなじみキャンピングカーがずらずらっと並んでいる。
ヨーロピアンにとって、このキャンピングカーでの旅というのは本当にメジャーなアクティビティらしい。毎日、本当に多くのキャンピングカーとすれ違う。

さて、この今日の夕食はなんとお好み焼き。
なんでこんなものを持っているかというと、マドリードに滞在している時に、母の合唱団メンバーの方からごそっといただいたのだ。
青のりからオタフクソース、かつお節、お好み焼き粉…。完全に日本のお好み焼き。
大量に買ったキャベツを消費しきれなかったけど、大満足のディナーでした。

IMG_8455
(大量に持っている日本食材。嬉しいけど重量を少しでも減らしたい・・・。嬉しい悲鳴というやつ?)

2014年4月13日 トム&フロとの再会
南米で知り合ったトム&フローレンス宅は、リヨンから北に40kmほど離れたVillefranche sur saoneという場所にある。以前はボジョレー地方の州都で、現在はボジョレーワインの主要な集積地となっている町だ。

IMG_8458 IMG_8463
(左:朝、キャンプ場を出る際、隣に泊まっていたドイツ人夫婦からチョコを貰ってしまった。右:おじいさんと孫)

朝早めに起きてパスタをかきこんで出発。
北に20kmほど行った場所にあるSNCFフランス国鉄の駅を目指す。
自転車移動と電車移動の境がほとんどないのがヨーロッパの特徴。
ストレスが溜まる要素がほとんどなく、スムーズに電車に載せられる。
ほどなくして列車が到着。1時間ほどでフランス第二の都市リヨンに到着した。

IMG_8465 IMG_8466

そのままVillefranche sur saoneに移動、事前に聞いていた住所に向かう。
電車から降りるとき、デッキスペースに一緒に乗ってたおじさんが、
「餞別だ。幸運を!」と10ユーロも渡してくれた。

villefrancheの町に入り、家がわからずうろうろしていると、恰幅のいい女性が話しかけてくれた。
この人が実は、トムのお母さん。広い庭と手入れされた花々、絵に書いたようなフランス郊外の家、といった印象だ。トムとフローレンスはまだ帰宅していないようなので、しばらくジュースなどをいただき、休ませてもらった。

IMG_8473
(緑が美しいトムのご実家)

6時頃、ようやくトムとフローレンスが帰宅。ウシュアイア以来1ヶ月ぶりの再会だ。
当たり前だけど、自転車ウェアではなく普通の服を着ている。
「なんとなく違和感を感じちゃう」っと話したら、みんなも「そうだよね」と笑いあった。
南米の南端の厳しい環境で出会ったのに、今はこんなにも快適な環境で再会している。
人々の繋がりに幸せを感じます…。

IMG_8481 IMG_8484

夕食は、クレープ。知らなかったのだけど、クレープはフランス料理でノルマンディー地方が発祥だそうだ。おかずがクレープ、というのは初めてだけど、とてもおいしくて幸せ。
しばらくここにお邪魔することにする。



※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ

ヨーロッパに慣れはじめ?

2014年4月8日 ジローナ(スペイン)
プチリゾートホテルを出発した僕たちは、そのまま国道を北上してジローナに向かう。
スペイン国道は路肩があったりなかったり。車はみんな大きく避けてくれるので、親切なのだけど、やっぱり路肩がないのは怖いかな。まぁでも日本もほとんど路肩はないのが当たり前だし。自転車フレンドリーな世の中になるといいのに。
IMG_8224
今晩は、自転車乗りのためのホスティングサービス「WarmShowers」で見つけたEdgar宅に宿泊。
世界中の自転車旅行者が空いている部屋や自宅の庭を無料で提供してくれる。ヨーロッパはこのサービスを上手に使うとかなり安く旅を続けられる。ただし、もちろん相手の合意があってのこと。泊まりたい日が忙しかったりすれば、断られることもある。自転車旅行は事前に正確な到着日を決めることがとてもむずかしいから、嬉しいサービスだけど、使いこなすのは難しいかもしれない。

さて、無事到着したジローナは予想以上に大きな町で、旧市街が城壁に囲まれ、聖堂もたいそう立派なものだった。

IMG_8239 IMG_8270
(左:彩がおばちゃんに話しかけられた。なんでもご子息が自転車旅行をしているそうだ。右:ヨーロッパではよく自国の国旗ではなく、地域の国旗を掲げていることが多い。アイデンティティが国より地域にあるようだ。)

Edgarのアパートは聖堂のすぐとなり。旧市街地の真ん中にあった。残念ながら?部屋は最上階。荷物を全部はずして運びこむのには苦労したけど、そんなことは大したことじゃない。Edgarは以前、スペインからアジアまで自転車で旅をしたようで、部屋にはチベットのタルチョ(旗)や写真が飾ってあった。
Edgarと彼女のBetが夕食を作ってくれた、夜は自転車旅行の話で深夜2時位まで盛り上がった。

DSC07583 IMG_8279
(愉快なEdgar&Betカップル、お礼に折り鶴をプレゼントした。)

アヴィニョン(フランス)
ジローナからは電車でフランス中部の都市アヴィニョンに向かうことにした。
マドリード以降、頻繁に電車を使っているのは、今後のスケジュール調整のため。今年の12月にネパールに到着したい僕たちは、そこから逆算し今のスケジュールを組んでいる。トルコに6月に到着したいので、「電車を使えるうちは使っておこう!」とちょくちょくショートカットをしている。おそらく中欧まではこんな感じでハイブリット旅行になるだろうな。ヨーロッパは電車に乗りやすいのでとても助かる。

IMG_8287
(ヨーロッパ鉄道は、自転車積載スペースが用意されている。フルパッキンの自転車もこの通り。)

ジローナから乗った電車は、スペインとフランスの国境直前の駅Portbouが終着駅。駅を降りて地中海沿いのきれいな道を進む。
海岸沿いは断崖絶壁で、どちらかといえば峠を超えているような感じ。1時間ほどで無事フランス側最初の駅Cerbereについた。ここからまた電車にのり、アヴィニョンを目指す。4時間の乗車時間は長かったけど、車内は快適であっという間に到着。予約してあったバックパッカーズホステルに泊まる。ひとり16ユーロ。フランスに入ってから宿代がぐんっと上がってしまった。
IMG_8301 IMG_8314 IMG_8316 IMG_8335

アヴィニョンはローマ教皇が一時住んでいた場所。(世界史で習ったような気がする。)城壁に囲まれた町で、旧市街は見どころが多いらしいのだけど、天気が悪いこともあって、あまり良い印象がない町になってしまった。
スーパーに入ってみたけど、値段はスペインの1.3倍ほど。これからが大変。
IMG_8341

2014年4月9日~4月10日 自転車移動再開(フランス)
アヴィニョンからは自走で北上し、リヨンを目指すことにした。というよりは、最近あまりにも自転車に乗っていなくてちょっとうずうずしていた、というのが正しいかもしれない。電車に乗ろうと思えば乗れるのだけど、やっぱり自転車で走ろう、ということになった。
DSC07600

ローヌ川沿いの道を北上する。道沿いには古城が多くあって、日本とは別世界。古城があるたびにカメラを出して写真をとったりしている。南米とは違い、ヨーロッパは、ある都市に向かうルートが多すぎて、どのルートを走るべきか迷ってしまう。
IMG_8364 IMG_8372 IMG_8370 IMG_8356
(至るところに古城があるローヌ川沿いの道)

このローヌ川沿いには長いサイクリングロードが整備されているのだけど、時々そのサイクリングロードも途切れたりするから、あっちにいったりこっちにいったり、でなかなか距離が稼げない。それでも60kmほど走った場所で野宿をすることにして、スーパーで買い物をした。フランスのスーパーはスペイン以上に品数豊富。特に海産物が豊かで、氷を敷いた台にずら~~っと魚や貝、エビなどが並んでいる。、
IMG_8379 IMG_8381
(さすがフランスともいうべき、豊富な品ぞろえ)

野宿をするのは、いつ以来だろうか、パタゴニア、フエゴ島以来かな。
ああいう自然豊かな場所で野宿するのはあまり気にならないのだけど、ところどころに人々が住んでいる普通の国、普通の地域で野宿するのはちょっと怖い。怖いというのは、人間に襲われるという意味で怖い。
この日も絶対見つからないであろう奥まった場所にテントを張ったのに、就寝前に2組のフランス人に見つかってしまった。特に2回目のフランス人は若い男性3人組。偏見があるわけではないけど、若い男性3人組に見つかるというのは、警戒するには十分すぎるほどの材料だ。
というわけで、夜11時にテントを撤収し、別の場所にテントを貼り直した。
野宿は結構大変なのです。
IMG_8384 IMG_8385
(右:翌朝の朝ごはんはこんな感じ。)


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ