世界一高い自動車道の向こう側

ある旅行会社で偶然出会った大学院生バックパッカー野呂くん。彼は、ヌブラ渓谷に二泊三日で行く人を募集していた。レーから5000m級の峠を越えた先にあるヌブラ渓谷に私たちも行ってみたかったので、野呂くんのプランにのることにした。

野呂くんが一台3日間9000ルピーで車をチャーターしてくれていたので、4人以上集めようということにした。4日間猶予はあったし、レーの中で日本人旅行者には結構出会ったけれど、他に行きたい人は見つからず仕舞い。ローカルバスやタクシーでも行けるという話は聞いていたので、その方が全然安そうということでその方向で行くことに。

ヌブラ渓谷に行くには、ILPインナーラインパーミットが必要野呂くんと出会った旅行会社でお願いしたら、一人500ルピーで発行してくれた。午前中に依頼して当日の午後に受け取りできる。

ヌブラ渓谷へ出発
朝6時にバスターミナル。ヌブラの村、Diskit ディスキット、Hundar フンダルの方面に行くバスを探すも地元のおじさんは今日は出ない
と言う。その代わり、シェアタクシー乗り場を教えてもらった。

IMG_0878 IMG_0889


シェアタクシー乗り場(ポログラウンド入り口辺り)に行くと、何台かランクルが泊まっている。私たちが「ヌブラ?」と一番最初に聞いた人がヌブラに行くドライバーだったようで、運良くすぐ見つけることができた。シェアタクシーは、その方面に行く人が車一台に乗れる定員いっぱいまで集まったら発車するというもの。今回は私たちの他に現地人3人加わり、7時頃に出発。一人400ルピー。

レーを出ると、どんどん登る登る!傾斜は緩めできれいな舗装路。峠が近づくと、舗装は終わり道は悪くなってしまう。ドライバーは音楽にノリノリになりながら、激しいハンドルさばきでがんばってくれている。乗ってる方も揺られて結構疲れる。だんだんと寒くなってきて、ちらちらと雪も降ってきた

IMG_0898


峠到着!ここは自動車が通れる世界一高い峠、khardung La カルドゥン・ラ看板には18380フィート=5602mと書かれているけれど、ゆうが実際GPSではかってみると、5228m!?多少誤差はあるとしてもサバ読みすぎでは…。

IMG_0914
IMG_0915 IMG_0943

峠を降りて行くと、雪も止んで視界も開けてきた。ふか~い渓谷は川と緑が美しい。

2度チェックポイントがあり、パスポートを見せてパーミットのコピーを渡す。それから、峠を越えた後の分岐で国立公園の入場料一人20ルピーを払わなければならなかった。いずれも現地人には不要の手続きで、私たちだけ忙しそうにしていた。

IMG_1239 DSC09823
IMG_0956 IMG_0952
(左上:ヤクがたくさん。右下:分岐点。)


意外な観光地フンダル
12時前に私たちの目的地、フンダルに到着。
小さそうな村だけれど、入り口にはゲストハウスやキャンプ場の看板がいっぱい。しかし、村の中を進むもいまいち人気がない。食堂やレストランは村の入り口に2件くらいあったけれど、中に入るとめっきり見あたらない。

IMG_0958

宿を何件かまわって、庭の雰囲気とおじさんが良さそうなので「OLGOK GUEST HOUSE」に決定。夜と朝の2食ついて一人500ルピー。オフシーズンだからと少しまけてくれた。村の中は静かで他の観光客もほとんどいないのに、ゲストハウスはこんなに多くて大丈夫なの?と思い、宿のおじさんに聞いてみると、7月から9月初めのシーズン中は一日村に200人くらい訪れるということだった。

夕飯は野菜と豆のカレーにごはん。朝食は、トーストにジャムやバター。どれもお腹いっぱいになるまでおかわりをくれるのはうれしい。昼食は頼むと野菜の入ったマギー(インスタント麺)を30ルピーで出してくれた。

IMG_0967 IMG_1014
IMG_1010 IMG_1012
(左下:キッチンを見学させてもらう。圧力鍋を使っていた。)

ここにのんびり2泊することにし、日中は村の散策をしたり。村人、とくにおばちゃんとすれ違うと「ジュレージュレー!」と向こうから挨拶してくれるのが気持ち良い。至る所にマニ壇がある。信仰深い村なのだろうか。瓦のようなものにお経が刻まれている。一方、モスクもある。このあたりはかつてはパキスタン領だったため、イスラム教徒の割合も多いのだとか。現に宿の家族はイスラム教徒だった。

あと何と言ってもこの辺りの印象は、水がどこもすばらしくきれい!今まで見てきた中で一番かも。夜は星もばっちり。

IMG_0987 IMG_0977
IMG_1016 DSC09750
IMG_0998 IMG_1141


ラクダ初乗り
村から30~40分歩いたところに砂丘が広がっていて、そこでラクダサファリができる。宿のおじさんが「日中は太陽光が砂に反射してまぶしいから、16時以降がオススメだ」とアドバイスをくれたので、夕方に出かけていった。乗り場に着くと、たくさんのラクダが!他の観光客もランクルでやって来てパラパラと乗りにきていた。

ゆうはラクダに乗るのに興味はないらしく、野呂くんと私だけ乗ってみた。一人15分で200ルピー…。タクシー代と比較すると結構高いな。

ラクダは思った以上に大きく、高い!インド人も乗ったラクダが立ち上がると声を上げて驚いていたっけ。
ラクダにつけた鈴がカランカランと鳴る音があたりに響く。車や歩きとは違った視線で見る景色もまた美しかった。ラクダにも初めて乗れたし、私は満足!

IMG_1044 IMG_1116 IMG_1083 DSC09792 IMG_1110
(左中:ラクダって意外とかわいい。右中:コブの毛はフカフカしていた。)

ラクダと一緒に 360°パノラマ写真



ディスキットゴンパ
フンダルより8km戻ったところの村、ディスキットまで行けばシェアタクシー乗り場がある。そこまではタクシーを拾えるか、さもなければヒッチハイク。私たちは8:30に宿を出て村の入口でヒッチハイクを試みるもなかなか停まってもらえない、というかほとんど軍用車かツアーのランクル。結局40分位待ってシェアタクシーを捕まえられた。ディスキットまで一人20ルピー。

ディスキットに着くと、そこからタクシー(タクシー乗り場から往復一台250ルピー)でゴンパへ。どこもそうだけれど、このゴンパも丘の上にあるから歩くとかなり大変そう。そのかわり見晴らしはとてもgood!

IMG_1232 IMG_1192
IMG_1228

ディスキットゴンパからの360°パノラマ写真


レーへの帰りのタクシーは、人数が集まるまで1時間くらい待って11:30の出発となった。お昼以降はなかなか人が集まらなく、出発しないこともあるようなので午前中早めに乗り場に行ったほうが確実。出発を待つ間に乗り場にある食堂で食べたターリーは50ルピーと格安で、チャパティと具もおかわり自由!辛いけれどおいしい!

IMG_1237

帰りはパーミットのチェックはなし。17時前にレーに無事到着しました。


この記事は2014年9月21日から9月23日の出来事です。


※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ