【コラム】ボリビアで携帯電話を使う

ボリビアの携帯電話事情、SIMカード契約についてまとめます。

今回、ボリビア最大手のエンテル(Entel)のSIMを契約しました。
ボリビアには、国営のエンテル、スイス系のTigo、新興のVivaの3社がネットワークを持っています。
その中で、エリアが最も広く、速度が速いのがエンテルです。
エンテルは2G(GSM/EDGE)は、もちろん、かなり早い時期に3G(WCDMA)網を広げ、HSPAにも対応しています。

【用意するもの】
●スマートフォン(SIMフリーのもの) 対応周波数 3G(WCDMA) 850MHz/1900MHz
(重要です。しっかり確認してください。日本とは周波数が違います。端末がどの周波数に対応しているかは、こちらで確認できます。GSMArena.com
●パスポート
●お金

【場所】
EntelのSIMはいたるところで売っています。が、路上で売っているSIMは、露天商の名前でネットワークに登録されているため、止められる場合があります。面倒臭がらず、エンテルのオフィスで契約することをおすすめします。

Av.AyacuchoとAv.Camachoに挟まれたブロックにエンテルのオフィスがあります。ラパスの中心部。

WS000019

【時間と費用】
オフィスでスムーズにいけば、30分ほどで契約できます。
SIM代は10Bsです。

【APN設定】
APN: 4g.entel のみです。あとは全てブランク。

ちなみに、2GはまたAPNが違うようです。
4gのSIMカードの場合のみ、こちらのAPNになります。

【リチャージ】
町の至る所にある、「ENTEL RECARGA」と書かれた売店で、スクラッチカードを買ってください。
電話アプリで、*109*のあとに、スクラッチを削ると書いてある番号を入力、最後に#をつけると、チャージされます。

いくらのチャージでどのくらい使えるかは現在調査中…。

IMG_2942a
こちらがENTELの4Gカード。LTE(ラパス市のみ)とHSPA(WCDMA)が使える。

IMG_2944a
こちらがリチャージ用のカード、10Bsのもの。スクラッチとチャージ方法が裏面に印刷されている。




※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ