みどりの丘

2014年4月25日 アヌシーへ
出発前にお母さんがたくさんクロワッサンを買ってきて、「持って行きなさい」と渡してくれた。最後まで至れり尽くせり。

今日はヴィルフランシェの駅から電車で次の目的地、Annecy アヌシーまで電車で行ってしまうことに。駅までフローレンスが私たちの前を自転車で誘導してくれた。途中、トムの職場にも立ち寄り、最後の挨拶。フローレンスは電車に乗るところまで手伝ってくれた。これだけたくさんお世話になったトムファミリーを離れるのは寂しかったね。

DSC08046 DSC08045

夕方にはアヌシーに到着。今度は、アウストラル街道の入り口のチャイテンの宿とウシュアイアまでの2日間を共に過ごしたジェレミー宅にお世話になる。

IMG_8607
ジェレミーはアヌシー駅に車で迎えに来てくれ、私たちと私たちの自転車を2往復して家へ送迎してくれた。家までの道中、もしかして…という予感はしていたけれど、それはもう立派なお宅だったのだ。
 
2014年4月26日〜28日 アヌシーでの日々
ジェレミー宅
ジェレミーは「僕のではなく父親の家だけど」と笑って家の中を案内してくれた。今はご両親は6週間のバカンス中のためご不在。弟さん、妹さんも私たちを歓迎してくれた。

1階には立派な暖炉、マッサージチェアー、シャワー室など。冷蔵庫は3台。
2階にはホテルのスイートルームようなバスルームが!ジャグジーつきのバスタブがあるのは驚き。ジェレミーは一回もジャグジーは使ったことがないと言っていた。私達にベッドも用意してくれていた。
そして地下にはワイナリーも。見せてくれる前にジェレミーが「1000本くらいあるかも」と言うので、私たちは「え〜!」なんて言ってたけれど、実際見てみると本当にそれくらいありそうだった。

あとなんと言っても窓のどこからでも癒しの風景が眺められるのがステキ。ヴィルフランシェに引き続き、こんな理想のようなフランス邸宅に滞在できることをとても幸せに感じた。

IMG_8626 IMG_8634
IMG_8640-001


アヌシー市街地
私たちの滞在場所からアヌシー中心地は12、3km離れている。ジェレミーは私たちを車に乗せて、市街地周辺を案内してくれた。旧市街は中世らしい入り組んだ街並み。こういうところは歩いているだけでも楽しい。ちょうど市場も開かれていて、骨董品やアルプス地方らしくカウベルも並んでいた。

IMG_8651 IMG_8674 IMG_8669 IMG_8692

アヌシー湖
ヨーロッパ一の透明度と言われる湖。確かに下まで透き通って見えていた。ボートなどももたくさん。周辺には緑いっぱいの大きな公園があって気持ちいい。
ジェレミーが上からの景色も良いから、と車で登ってくれた。道中の家々はどれもジェレミーの家のように立派で驚き。あんな家に住めたらなぁと私は家を眺めているのが好きだったり。上から眺めたアヌシー湖周辺は、雲が多かったけれど陽が差し込むと緑や湖の青が映えて美しかった。

IMG_8726 IMG_8730 IMG_8750 IMG_8742



ジェレミーの家から数十分歩いた所からの景色。緑いっぱいでとても気持ちがいい。いい季節に来ることができて本当に良かった。

DSC08058

ここに住むジェレミー兄弟は3人共ランニングを毎日のようにしていた。私たちは日中のほとんどを家の中でブログや動画編集、今後のルートやビザについてパソコンやタブレットを使って作業をしていた。そんな様子の私たちを見て、「天気がいいんだ、外に出なきゃ」と何回も言われてしまった。もっともである。私たちと育った環境がまるで違うんだなと思った瞬間。

※ブログ村ランキングに参加しています。
↓ワンクリックの応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ